ホームページのアクセス数を確認するアナリティクスのデータ保存期限の設定変更方法 2018年4月

2018.4.19|ニュース



グーグルアナリティクスの
データ保存期間が変更になります。
今回の変更により、
自分で設定を変更しない限り、
アナリティクスでの
データ保存が無期限になりません。
最初の設定のままの場合、
デフォルトでは26ヶ月になっています。
26ヶ月前のデータは
消えてしまうことになります。
 
今回の件に関するメールが以下です。
ホームページのアクセス数を確認するアナリティクスのデータ保存期限の設定変更方法 2018年4月

 
アナリティクスで分かることは、
・ホームページへのアクセス数
・ホームページでの滞在時間
・ホームページにどこから辿り着いたかなどなど
ホームページを修正・改善し、
成長させるために必要なとても重要なデータになります。

 
 
【設定の変更方法】
手順1.
アナリティクスの画面にアクセスします。
 
手順2.
左下の「管理」をクリックします。
 
手順3:
「トラッキング情報」をクリックし、
「データ保持」をクリックします。
ホームページのアクセス数を確認するアナリティクスのデータ保存期限の設定変更方法 2018年4月


 
手順4:
ユーザーデータとイベントデータの保持の項目を開き
「自動的に期限切れにならない」をクリックします。
その後、「保存」ボタンをクリックし、終了となります。
ホームページのアクセス数を確認するアナリティクスのデータ保存期限の設定変更方法 2018年4月


 
複数のサイトを管理している場合は、
サイトごとに上記の設定をします。

 
【参考サイト】
GoogleAnalyticsの
データ保存期限を無期限にする方法

 
アナリティクスのヘルプページ

 
 

 
 
ブログやフェイスブックや
ツイッターやLINE@や
インスタグラムなど
ホームページやSNSで発信することで
問い合わせや来店や購入や
集客につながる可能性が高くなります。
そのためには、伝える内容や
表現が非常に重要になります。
SNSの使い方だけではなく
ツイッターやフェイスブックやブログの
運用サポートや発信内容についてのサポートなど
ご相談やお問い合わせは、
以下よりお待ちしております↓
問い合わせバナー
 
 


 
【電子書籍のご紹介】
フェイスブックを効果的に使い
集客に結びつけるためのノウハウを
以下の電子書籍にまとめています。
 
Amazonサイトに移動します。

 
電子書籍の読み方については以下をご確認下さい。
電子書籍に必要なアプリについて
 
 
【無料相談会のお知らせ】
無料の個別相談を実施中です。
-毎月5社限定-
詳しくは以下の写真をクリックし
ご確認とお申し込みをご検討下さい。
ネットとSNSの無料相談
 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

mautic is open source marketing automation