書籍「熱海の奇跡」いかにして活気を取り戻したのか 著:市来 広一郎

2018.6.3|本の感想と紹介



熱海の町の再生プロジェクトに関わる
市来さんの取り組みを紹介する本です。
とても素晴らしい内容です。
 
書籍「熱海の奇跡」
著:市来 広一郎 2018年6月発売
書籍はこちら↓

 

【主な内容】
プロローグ ビジネスによる
〝まちづくり〟があなたの街を再生する
第1章 廃墟のようになった熱海
第2章 民間からのまちづくりで熱海を再生しよう
第3章 まちづくりは「街のファンをつくること」から
第4章 街を再生するリノベーションまちづくり
第5章 一つのプロジェクトで変化は起き始める
第6章 街のファンはビジネスからも生まれる
第7章 事業が次々と生まれ育つ環境をつくる
第8章 ビジョンを描き「街」を変える
第9章 多様なプレイヤーがこれからの熱海をつくる
エピローグ 都市国家のように互いに繁栄を

 
書籍より以下一部をご紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
これからの熱海では
単なる高級路線ではなく
より良質な価値を求める
クリエイティブな完成を持った
方々に向けていくことが重要だと思っています。
そうした方々は、街とふれあい、
街の文化を知り体験することこそ
価値を感じると考えています。
だからこそ、街に滞在するという
文化をつくり出す事が大事だと思っています。
 
 
古い街をただ壊すのではなく、
古い街にそのまましがみつくのでもなく、
街の良さを新しい価値観で発見して生かしていく。
それがリノベーションまちづくりです。
日本の地方都市にはそれぞれ、
独自の歴史があり、自然があり、文化があります。
その個性を新しい目で見直すことで、
街を再生するカギを発見することは
不可能ではないはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
書籍はこちら↓

 
【感想】
2018年6月現在
熱海の人口が約37000人。
熱海の旅館の宿泊客数は
1960年代に530万人。
2011年には246万人に。
2015年には308万人となり
短期間に20%以上も急増し
V字回復と言われています。
著者の市来さんが
どのような想いで
熱海で何を実行してきたか。
想いだけではなく
想いと行動の記録であり、
今後の熱海の希望となる一冊かと思います。
 
地方活性化、街づくり、
地方で地域で地元で何かをやりたいと
そう思っている方々だけではなく、
高齢者社会、空き家問題など
これからの日本で起きる問題の中で、
より重要となるのが
ビジネスと地域の結びつきであり、
事業やビジネスモデルを考える上でも
この本はオススメです。
 
書籍はこちら↓

 


 
 
 

 
 
ブログやフェイスブックや
ツイッターやLINEや
インスタグラムなど
ネットやSNSで伝えることや
伝えたことで問い合わせや
来店や購入や集客に
つながる可能性が高くなります。
そのためには
伝える内容や
表現が非常に重要です。
SNSの使い方だけではなく
ツイッターやフェイスブックや
ブログやLINEブログを
自社に適した活用方法が重要となります。
ご相談やお問い合わせは
以下よりお待ちしております↓
問い合わせバナー
 
 
【電子書籍のご紹介】
フェイスブックを効果的に使い
集客に結びつけるためのノウハウを
以下の電子書籍にまとめています。
 
Amazonサイトに移動します。

 
電子書籍の読み方については以下をご確認下さい。
電子書籍に必要なアプリについて
 
 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

mautic is open source marketing automation